はらだ歯科クリニック

MENU

入れ歯

入れ歯とは?

歯を失ったお口の機能性・審美性を補う装置です

歯を失ったお口の機能性・審美性を補う装置です

歯を失った時、お口の機能性や審美性を補う方法として最もポピュラーなのが入れ歯です。

入れ歯は大きく「総入れ歯」と「部分入れ歯」に分けられ、歯を失った部分、本数、まわりの組織の状態などによって選択されます。

また、入れ歯は保険適用のものと、自費診療のものに分けられ、それぞれで特徴は異なります。

できるだけ快適な入れ歯をお求めだったり、審美性の高い入れ歯をお求めだったりする場合には、自費診療の入れ歯がおすすめです。

ですが、どの入れ歯を選ばれるかは患者様が決定することで、茨木市のはらだ歯科クリニックでは各種入れ歯をご用意して、その方のお口の状態やご希望に合ったものをご提案させていただきます。

近年、入れ歯が見直されています

一時期、歯を失った時の治療方法として「インプラント」が注目されていましたが、インプラントには「寝たきりとなって通院が困難になった時、ケアが難しい」という問題があります。

また、歯槽骨(歯を支える骨)に人工歯根(インプラント体)を埋入するために外科手術が必要なため、患者様にとって負担の大きい治療と言えます。
さらに保険適用とならないため、費用もかかります。

一方、入れ歯の場合、寝たきりとなった時でも簡単に取り外せるので、ご自宅できちんとケアすることが可能です。
高齢化社会が進行する今、入れ歯が見直されている背景にはこうした要因があります。

また、入れ歯はお体への負担が少ない治療で、使用する材料によっては保険適用となり、費用も抑えられます。

入れ歯のメリット
  • ご自宅で簡単に取り外せるのでケアが簡単
  • 取り外してケアできるので、清潔に保ちやすい
  • 寝たきりになった時でも、ご自宅でケアできる
  • お体への負担が少ない
  • 入れ歯の種類によっては保険適用となるので、費用が抑えられる

など

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違いは?

保険の入れ歯

保険の入れ歯の最大の特徴は、保険適用となるため費用が抑えられる点です。

ただし、基本的にレジン(歯科用プラスチック)で作製するので分厚くなり、快適にものが噛めなかったり、違和感を覚えたりする場合があります。
また、部分入れ歯の場合、クラスプ(金属のバネ)を使用するため、口元の審美性が損なわれる恐れがあります。

保険の入れ歯のメリット・デメリット

メリット

  • 保険適用なので費用が抑えられる

デメリット

  • 入れ歯が分厚くなりやすい
  • 快適にものが噛めない場合がある
  • 違和感を覚えることがある
  • (部分入れ歯の場合)クラスプ(金属のバネ)を使用するため、口元の審美性が損なわれる恐れがある

自費の入れ歯

自費の入れ歯では、保険の入れ歯と違い、機能性・審美性の面で優れた様々な材料の中から選ぶことができます。

また、クラスプ(金属のバネ)を使用しないものや、入れ歯を薄く作製できるものなどもあり、口元の見た目を気にせずに、快適に使用することが可能となります。

自費の入れ歯のメリット・デメリット

メリット

  • 様々な材料の中から選ぶことができる
  • 審美性の高い入れ歯を作ることができる
  • 入れ歯を薄く作製して、快適に使用することができる

デメリット

  • 保険適用ではないため費用がかかる

当クリニックの入れ歯の種類

ノンクラスプデンチャー

クラスプ(金属のバネ)を使用しない部分入れ歯で、口元を自然に見せることができるようになります。
「入れ歯の見た目に抵抗がある」「口元の審美性を損ないたくない」という方などにおすすめです。

金属を一切使用しないので、金属アレルギーの心配がないのも特徴の1つです。

金属床入れ歯

入れ歯の床部分に金属を使用した入れ歯です。

金属により耐久性が確保できるので、入れ歯を薄く作製することが可能となり、少ない違和感で使用することが可能となります。
また、金属を使用しているので熱伝導率が高く、食べ物の温度差が自然に感じられるようになり、食事を美味しく味わうこともできるようになります。

当クリニックでは、床部分に「金属アレルギーのリスクが低い」「金属独特の味がせず、味覚が変化しにくい」「軽いうえに丈夫」などの特徴を持つチタンを使用した金属床入れ歯をご提供しています。

入れ歯の費用

※表示価格は税別です

ノンクラスプデンチャー

費用¥100,000~¥360,000
※本数によって異なります
保証10年

チタン床入れ歯

費用¥400,000
保証10年

金属床入れ歯

費用¥300,000
保証10年

審美・ホワイトニング

初診・再診の方はこちら WEB予約

治療中の方はこちら WEB予約

EPARKからのご予約

top

お問い合わせはこちら

初診・再初診の方 WEB予約

治療中の方 WEB予約